スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告

生きてます

あんまり書くことがないというか
結局PS4と同時にP5買えなくて、そのうちPSVRでちゃって
なんか盛り上がってるのに買えないつらい(´д`;)

ダクソ3DLCは楽しみたい
徹夜してでも時間取ってやろうか…!
休息というのは寝ることではなく、好きな事をして遊ぶ事だと
なんかで聞いた気がする
寝るのは確かに仕事の一つなんですよね。体調管理的に。
フリーだから出社しないんで、熱でても仕事できる利点はあるけど、効率は下がるからなぁ
遊ぼう、うん。
ダクソ3で未踏の地で油断したら死ぬあの緊張感、また味わえるのが楽しみです

webれいむ
少し前に気晴らしで描いていた霊夢。
描き方塗り方をどんどん変えていきたい。

業界によって塗り方の流行りって違うけど
私見だとやっぱりギャルゲ塗りはやはり圧倒的に↓になった感じ。
まぁまぁ見る側にとってダメってわけではないですが、
描く側としてはそれだけではもう駄目だなって。

業界によって違う、って言ったけど結局大手はどの業界もタッチが近いのが多くて
線はマンガタッチ、塗りは水彩、厚塗り『風』が主流と思ってます。

完全に厚塗りでもない、ばりばり水彩でもない
水彩筆を厚塗りな感じで塗ったりと、そこはやはり新しいやり方をしてみたりとで。
やってみると面白いです。
自分は水彩筆を新しく作って、塗るも削るもそれでやることが多くなってきました。
線はラフ線で。レイヤーも影だけなら色を拾って上塗りするので1レイヤーでいい感じ。厚塗りのあれですよね。
SAIの水彩境界、今は使い時かもしれぬ。

何より数年前に比べて、ほとんどごまかさない塗りが流行…というか
求められるレベルがしっかりしてきた感があります。
ギャルゲのぼかし塗りはエアブラシで結構ごまかすからね。
いい緊張感。

まぁ流行りはあるんですけど、それを真似しなきゃ、できるようにならないと、
ではなくて流行りを自分の塗りに取り入れて、あくまで自分の塗りとして開発するのが一番
と言い聞かせて描き方塗り方を変えていきたいと思います。
どうせ流行りというのは移り変わるし

そういえば冬コミ、もうすぐ当落発表か。
欠席届出すか迷い中…たぶん新刊間に合わないです…(つд`)ウワァァァン
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

乃絵のえる

Author:乃絵のえる

㈱サイバーエージェント様の
「ガールフレンド(仮)」で
ずっとグラフィッカーとしてへばりついている人。

合間に「乃絵のえる」とかいうHNで
TCGやソーシャルゲーム等のイラスト仕事をしている、イラストレーター&グラフィッカーです。

イラスト等のお仕事のご連絡は
ngkkaiji0920☆dc5.so-net.ne.jp
まで☆を@に変えてご連絡くださいませ。

pixivやってます
pixiv.gif

本家HP
banner.gif




にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。